カスタマーハラスメントへの対応に関する方針

いつも「IM」の作品を応援頂きまして、誠にありがとうございます。我々はお客さまが楽しめるコンテンツを産み出す為に、日々努力をしており、時に反省と改善を繰り返しながら、エンターテインメントに関わる者として精進しております。たくさんの方々にご支援を頂き、今も尚、レーベルとして活動することが出来ております。

ですが、改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)に則って考えた際、昨今ハラスメントと断定されるような言動(主にメールでの問い合わせ、SNS上での過度なクレーム)をとるお客さまが、ごく僅かですが見受けられることも事実です。我々もお客様と同じ感情を持つ「人間」です。その為、突然ではありますがカスタマーハラスメントの定義と我々の考えを公表させて頂きます。

2019年6月5日公布、2020年6月1日に会社法上の大企業に対して施行となった改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が定義する6種のハラスメント「身体的な攻撃」「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過大な要求」「過小な要求」「個の侵害」に則り、下記についてを想定しています。


精神的な攻撃

人格や外見を否定するような言動

侮辱的な言動

必要以上に何度も同じ内容で激しく叱責する

過大な要求

サービスとして提供していない内容の提供を強いる

個の侵害

サービスの提供に関係ない情報を引き出そうとする


上記のような事象がみられた場合、サポート停止の措置を行う場合があります。また外部機関との連携を強め、防止策を取らせて頂くことも御座います。お客様対応に関する社員教育を強化し、活動を行って参ります。どうぞよろしくお願い致します。